センシティブデータ

警告

センシティブデータは実験的機能のため、正式版では仕様が変更される可能性があります

概要

Sora ではログや API などで出力するセンシティブデータを "REDACTED" という文字列に置き換えます。

ログ

Sora のログは以下の内容のセンシティブデータを "REDACTED" に書き換えて出力します。この書き換えを無効にはできません。

  • auth_webhook.logevent_metadata"REDACTED" に置き換えます

  • session_webhook.logsession_metadataevent_metadata"REDACTED" に置き換えます

  • event_webhook.logevent_metadata"REDACTED" に置き換えます

event_webhook_error.log

危険

event_webhook_error.logevent_metadata については "REDACTED" の置き換えは行いません

API

デフォルトの設定では API の戻り値に含まれる event_metadata を "REDACTED" に書き換えて出力します。

redact_api_sensitive_data

重要

明確な理由がない限りはデフォルトでの運用を推奨します。

sora.confredact_api_sensitive_datafalse にすることで、 event_metadata を書き換えずに出力するようになります。

デフォルトは true です。

録画メタデータファイル

デフォルトの設定では録画メタデータに含まれる event_metadata を "REDACTED" に書き換えて出力します。

redact_archive_metadata_sensitive_data

重要

明確な理由がない限りはデフォルトでの運用を推奨します。

sora.confredact_archive_metadata_sensitive_datafalse にすることで、 event_metadata を書き換えずに出力するようになります。

デフォルトは true です。

© Copyright 2022, Shiguredo Inc Created using Sphinx 5.2.1