ライセンス

Sora はライセンスファイルを読み込ませることで起動します。

ライセンスファイルのパス設定と配置

ライセンスファイルのパスは sora.conflicense_file で設定できます。 Sora を起動する前に設定し、ライセンスファイルを配置してください。 デフォルト設定のまま使う場合は、ライセンスファイルを sora ディレクトリ以下の etc/license.json にコピーしてください。

$ cp 123ABC-SRA-E001-201801-100.json sora/etc/license.json

ライセンスの更新

ライセンスを更新する場合は sora.conflicense_file で指定しているファイルを cp コマンドで上書きしてください。 デフォルト設定では sora ディレクトリ以下にある etc/license.json です。

$ cp 123ABC-SRA-E002-201901-100.json sora/etc/license.json

その後、ライセンス更新 API である UpdateLicense API を実行する事で更新されます。 Sora の再起動は不要です。

192.0.2.1 の部分には実際に利用している IP アドレスかドメインを指定してください

$ http POST 192.0.2.1:3000/ x-sora-target:Sora_20171218.UpdateLicense -vvv

正常に反映されているかを GetLicense API を実行して serial_code を確認してください。

$ http POST 192.0.2.1:3000/ x-sora-target:Sora_20171218.GetLicense -vvv

接続数制限

Sora はライセンスファイルを組み込むことで起動するようになります。 ライセンスファイルには最大接続数が定義してあり、その最大接続数を超えて接続することはできません。

また、接続ができなかったクライアントには EXCEED-MAX-CONNECTIONS というエラーが通知されます。

ライセンス期限が過ぎている場合

既存の接続は継続されますが、新規接続ができなくなります。 EXPIRED-LICENSE というエラーがログに記録されます。

ライセンスの期限時刻

ライセンスの期限が 2022-01 の場合は UTC で 2022 年 2 月 1 日の 0 時から新規接続ができなくなります。

ライセンスファイルのパスの更新

ライセンスファイルのパスの更新は、一度 Sora を停止し、 sora.conflicense_file のパスを変更して Sora を起動する必要があります。

最大ノード数ライセンス

Sora 2022.1.0 提供時から 最大ノード数ライセンス というライセンス形式の提供を開始しています。

Sora のライセンスは 1 Sora 起動 1 ライセンスと固定されており、 無制限ライセンスを除き、同一ライセンスを複数の Sora で利用する事はできません。

しかし 最大ノード数ライセンス は、クラスター構築時にライセンスの最大ノード数までは同一ライセンスを利用する事ができるライセンスです。

危険

最大ノード数に対応していないライセンスで複数の Sora を起動することはできません。

最大ノード数に対応したライセンスファイルの中身の例

{
    "expired_at": "2013-03",
    "max_connections": 100,
    "max_nodes": 3,
    "product_name": "Sora",
    "serial_code": "DOC123-SRA-E002-201303-N3-100",
    "signature": "****",
    "type": "Experimental"
}

ファイルの中身に "max_nodes": 3 と書かれているライセンスは 3 ノードまでのクラスターを組む際に最大 3 台まで同一ライセンスが利用可能です。

危険

最大ノード数に対応しているライセンスを利用した場合でも同一ライセンスで複数のクラスターを構築することはできません。

最大ノード数ライセンス について不明な部分がある場合はサポートにお問い合わせください。

© Copyright 2022, Shiguredo Inc Created using Sphinx 5.0.0b1