ライセンス

Sora はライセンスファイルを読み込ませることで起動します。

ライセンスファイルのパス設定と配置

ライセンスファイルのパスは sora.conflicense_file で設定できます。 Sora を起動する前に設定し、ライセンスファイルを配置してください。

デフォルト設定のまま使う場合は、ライセンスファイルを sora ディレクトリ以下の etc/license.json にコピーしてください。

$ cp 123ABC-SRA-E001-202301-100.json sora/etc/license.json

ライセンスの更新

ライセンスを更新する場合は sora.conflicense_file で指定しているファイルを cp コマンドで上書きしてください。 デフォルト設定では sora ディレクトリ以下にある etc/license.json です。

$ cp 123ABC-SRA-E002-201901-100.json sora/etc/license.json

その後、ライセンス更新 API である UpdateLicense API を実行することで更新されます。 Sora の再起動は不要です。

192.0.2.1 の部分には実際に利用している IP アドレスかドメインを指定してください

$ http POST 192.0.2.1:3000/ x-sora-target:Sora_20171218.UpdateLicense -vvv

正常に反映されているかを GetLicense API を実行して serial_code を確認してください。

$ http POST 192.0.2.1:3000/ x-sora-target:Sora_20171218.GetLicense -vvv

ライセンスの更新に失敗した場合

もし、誤って壊れているライセンスファイル等を使用して更新に失敗しても、既存のライセンス情報は上書きされません。

ライセンスの更新時のライセンス適用について

ライセンスが更新される際に新しい接続が発生したとしても、 更新前または更新後のいずれかのライセンスが適用され、最大同時接続数の確認が行われます。

ライセンスの状態が一時的に空白になることはありません。

同時接続数制限

重要

最大同時接続数を超過したとしても既に接続しているクライアントには影響がありません。

ライセンスファイルには最大同時接続数が定義してあり、その最大同時接続数を超えて接続することはできません。

また、接続ができなかったクライアントには EXCEED-MAX-CONNECTIONS というエラーメッセージが通知されます。

エラーメッセージを通知するタイミング

シグナリング開始で WebSocket で "type": "connect" 送信後に、 最大同時接続数を超えた場合にエラーメッセージが通知され、シグナリングの WebSocket が切断されます。

ライセンス期限が過ぎている場合

重要

ライセンスの期限が過ぎていても Sora を起動する事はできます。

既存の接続は継続されますが、新規接続ができなくなります。 EXPIRED-LICENSE というエラーがログに記録されます。

ライセンスの期限時刻

ライセンスの期限が 2022-01 の場合は UTC で 2022 年 2 月 1 日の 0 時から新規接続ができなくなります。

クライアントへ通知するエラーメッセージについて

ライセンス期限が過ぎているため接続ができなかったクライアントには、 EXCEED-MAX-CONNECTIONS というエラメッセージが通知されます。

これはクライアント側にライセンス期限が過ぎている事を通知するのは、不要と判断しているためです。 そのため、最大同時接続数を超えて接続しようとした場合と同じエラーメッセージ EXCEED-MAX-CONNECTIONS が通知されます。

ライセンスファイルのパスの更新

ライセンスファイルのパスの更新は、一度 Sora を停止し、 sora.conflicense_file のパスを変更して Sora を起動する必要があります。

最大ノード数ライセンス

2022 年 6 月から 最大ノード数ライセンス という形式のライセンスを提供しています。

通常の Sora のライセンスは Sora 1 起動 1 ライセンスと固定されており、 同一のライセンスを複数の Sora で利用することはできません。

最大ノード数ライセンス は、クラスター構築時に、あらかじめライセンスに定義されている最大ノード数までは同一のライセンスを利用できます。

危険

最大ノード数に対応していないライセンスで複数の Sora を起動することはできません。

最大ノード数に対応したライセンスファイルの中身の例

{
  "expired_at": "2013-03",
  "max_connections": 100,
  "max_nodes": 3,
  "product_name": "Sora",
  "serial_code": "DOC123-SRA-E002-201303-N3-100",
  "signature": "****",
  "type": "Experimental"
}

ファイルの中身に "max_nodes": 3 と書かれているライセンスでは、クラスターを組む際に最大 3 ノードまで同一のライセンスが利用できます。

注釈

max_nodes 1 につき 1 ライセンス分の料金が必要になります。例えば max_nodes が 3 の場合は 3 ライセンス分の料金となります。

危険

最大ノード数に対応しているライセンスを利用した場合に構築できるクラスターは 1 つのみです。複数のクラスターを構築することはできません。

最大ノード数ライセンス について不明な部分がある場合はサポートにお問い合わせください。

最大ノード数ライセンスの非クラスター利用について

注意

契約済みの最大ノード数ライセンスを非クラスターで利用したい場合はサポートまでご連絡ください。

最大ノード数ライセンスはクラスターを利用しない場合は通常のライセンスと同じように利用できます。 ただし、 その場合は 1 ライセンスとして扱うため、1 ノードでしか利用できません。 もし "max_nodes": 3 と記載されていても、クラスターを利用しない場合は 1 ノードでしか利用できません。

最大ノード数ライセンスへの切り替えについて

通常のライセンスから最大ノード数ライセンスへの切り替えができます。詳細はサポートまでご連絡ください。

最大ノード数ライセンスと通常ライセンスの混在について

最大ノード数ライセンスと通常ライセンスを混在して利用することはできません。

最大ノード数ライセンスでのみ利用できる機能

最大ノード数ライセンス利用時のノード数超過について

InitCluster API で新規に登録する場合のノード数超過

InitCluster API で新規に登録する場合、 node_name_list に指定したノード数が "max_nodes" で指定された最大ノード数を超える場合、 EXCEED-MAX-NODES というエラーメッセージが通知され、クラスターの初期化に失敗します。

RegisterClusterNode API で新規に登録する場合のノード数超過

RegisterClusterNode API で新規に登録する場合、 既にクラスターが最大ノード数ライセンスの "max_nodes" で指定された最大ノード数に達している場合、 EXCEED-MAX-NODES というエラーメッセージが通知され、ノードの登録に失敗します。

ライセンスエラー時の動作確認用ライセンスの提供について

ライセンス期限が過ぎたり、最大同時接続数を超過した際の動作確認を行うためのライセンスを提供しています。 動作確認用ライセンスが必要なお客様はサポートまでご連絡ください。

ライセンスエラー時の動作確認用ライセンスはクラスターでも確認できるよう、最大ノード数ライセンスでの提供となります。 最大ノード数ライセンスはクラスターを利用しない場合は通常のライセンスと同じように利用できます。

ライセンス期限が古く、最大同時接続数が 1 のライセンス

ライセンス期限が過ぎたテストにご利用ください。

ライセンス期限が新しく、最大同時接続数が 0 のライセンス

同時接続数が超過したテストにご利用ください。

© Copyright 2024, Shiguredo Inc Created using Sphinx 7.3.7