非推奨機能

ここでは今後廃止される非推奨の機能について説明していきます。

不明点はサポートまでお問い合わせください。

CentOS 7 対応

CentOS 7 は 2024 年 6 月末でサポートが終了となるのに合わせて、Sora の CentOS 7 版については以下のとおりとなります。

パッケージの提供:

2023 年 12 月にリリースの 2023.2.0、およびその後リリースされる可能性のある 2023.2.x の提供をもって終了

サポートの終了:

2023.2.0 およびおよびその後リリースされる可能性のある 2023.2.x に対しては 2024 年 12 月末で終了

CentOS 7 版をご利用のお客様は、早めに OS の変更をご検討の上、移行先の OS をサポートまでご連絡下さい。

Ubuntu 20.04 対応

Ubuntu 20.04 は 2025 年 4 月末でサポートが終了となるのにあわせて、Sora の Ubuntu 20.04 版については以下のとおりとなります。

パッケージの提供:

2024 年 6 月にリリースの 2024.1.0、およびその後リリースされる可能性のある 2024.1.x の提供をもって終了

サポートの終了:

2024.1.0 およびおよびその後リリースされる可能性のある 2024.1.x に対しては 2025 年 6 月末で終了

Ubuntu 20.04 版をご利用のお客様は、早めに OS の変更をご検討の上、移行先の OS をサポートまでご連絡下さい。

レガシー録画機能の廃止

重要

2025 年 12 月リリース予定の Sora にて廃止

レガシー録画機能 を廃止します。

今後は 録画機能 (セッション単位) をご利用ください。

移行に関しては レガシー録画機能から新しい録画機能 (セッション単位) への移行 をご確認ください。

  • 2024 年 12 月リリース予定の Sora にて legacy_recording のデフォルトを false に変更します

  • 2025 年 12 月リリース予定の Sora にて legacy_recording の設定を廃止し、レガシーレコーディングを廃止します。

レガシーストリーム(非マルチストリーム)機能の廃止

重要

2025 年 6 月リリース予定の Sora にて廃止

レガシーストリーム(非マルチストリーム)機能を廃止します。

今後はマルチストリームをご利用ください。

移行に関しては レガシーストリーム(非マルチストリーム)機能からマルチストリームへの移行 をご確認ください。

  • 2024 年 6 月リリースの Sora にて legacy_stream の設定をデフォルト false にて追加しました

  • 2025 年 6 月リリース予定の Sora にて legacy_stream の設定を廃止し、レガシーストリームを廃止します

統計エクスポーター機能の廃止

重要

2024 年 12 月リリース予定の Sora にて廃止

実験的機能として提供している統計エクスポーター機能を廃止します。

今後は 統計ウェブフック をご利用ください。

ユーザーエージェント統計の廃止

重要

2024 年 12 月リリース予定の Sora にて廃止

統計エクスポーター機能廃止に伴い、ユーザーエージェント統計関連も廃止します。

今後は RTC 統計を利用してください。

  • 認証ウェブフック成功時の払い出しで利用する user_agent_stats を廃止します

    • rtc_stats をご利用ください

  • sora.confuser_agent_stats を廃止します

JoinCluster API

重要

2024 年 12 月リリース予定の Sora にて廃止

JoinCluster API を廃止します。 全く同じ機能を提供する RegisterClusterNode API を利用するようにしてください。

sora.conf の legacy_event_webhook_connection_destroyed_reason の廃止

重要

2024 年 12 月リリース予定の Sora にて廃止

Sora 2023.2.x までの挙動を維持する sora.conflegacy_event_webhook_connection_destroyed_reason を廃止します。

ウェブフックと統計エクスポーターの HTTP ヘッダー x-sora prefix の非推奨化

重要

現時点では廃止予定はありませんが、将来的に 1 年の移行期間をもうけて廃止する予定です。

x-sora prefix とは別に sora prefix の HTTP ヘッダーを追加しました。 これは RFC 6648 による x- prefix の非推奨化に準拠するためです。

x-sora prefix は非推奨になります。現時点では廃止予定はありませんが、将来的に 1 年以上の移行期間を経て廃止される予定です。

  • セッションウェブフックの x-sora-session-webhook-type ヘッダーは非推奨です、 sora-session-webhook-type ヘッダーを利用してください

  • イベントウェブフックの x-sora-event-webhook-type ヘッダーは非推奨です、 sora-event-webhook-type ヘッダーを利用してください

  • 統計エクスポーターの x-sora-stats-exporter-type ヘッダーは非推奨です、 sora-stats-exporter-type ヘッダーを利用してください

API

非推奨 API をご確認ください

© Copyright 2024, Shiguredo Inc Created using Sphinx 7.3.7