ノード間転送機能

警告

ノード間転送機能は実験的機能のため、正式版では仕様が変更される可能性があります

概要

ノード間で音声や映像、メッセージを転送する事により、 複数のノードで 1 つのチャネルを扱えることができるようになる機能です。

この機能はノードの負荷が高くなる、あるいは同時接続数が増えたタイミングで自動有効になります。

目的

1 ノードで処理できない大量の接続を他のノードに分散することが可能になります。

仕組み

重要

この機能を利用する場合は 3 ノード以上でクラスターを組んでいる必要があります。

特定のノードの負荷が高くなったタイミングで、そのノードが担当しているチャネルを 1 つのノードに固定しなくなります。 一番余裕がありそうなノードに対してそのチャネルを担当する追加ノードの役割を与えます。

もともと担当していたノードと追加されたノードの間で音声や映像、メッセージングの転送を開始します。

© Copyright 2022, Shiguredo Inc Created using Sphinx 5.1.1