2022.1.x から 2022.2.x への移行

概要

2022.1.x から 2022.2.x への移行について注意点をまとめています。

クラスターの再構築

2022.2 で Sora のクラスターの仕組みを変更しました。

クラスター機能を利用している場合は、いちど全ノードを停止して、ゼロからのクラスターの再構築をお願いします。

手順は以下のとおりです。

  1. クラスターのすべてのノードを停止する

  2. すべてのノードの data/ ディレクトリを削除する

    • sora.conf で data_dir を指定している場合にはそのディレクトリを削除する

  3. クラスター構築 に従いクラスターを構築する

セッションウェブフックのログ出力の変更

セッションログのフォーマット形式を変更しました。

今まではセッションウェブフックのリクエストのみが含まれていましたが、 今回のリリースからはセッションウェブフックのレスポンスも書き込まれるようになりました。

JSONL 形式でのログ出力

sora.loginternal.log のログ出力形式を JSONL 方式で行う変更を行いました。

デフォルトでは今まで形式のログ形式で出力しますが、 sora.conflegacy_log_formatfalse にすることで、 JSONL 形式でログを出力するようになります。

この legacy_log_format の設定は 2023 年 6 月リリースの Sora にてデフォルトで false となり、 2023 年 12 月リリースの Sora にて legacy_log_format の設定が廃止されます。

拡張子が JSONL 形式に変更

すべてのログファイルの拡張子を jsonl にする変更を行いました。

デフォルトでは今までの形式の拡張子 log で出力しますが、 sora.conflegacy_log_extensionfalse にすることで、 jsonl 拡張子でログを出力するようになります。

この legacy_log_extension の設定は 2023 年 6 月リリースの Sora にてデフォルトで false となり、 2023 年 12 月リリースの Sora にて legacy_log_extension の設定が廃止されます。

© Copyright 2022, Shiguredo Inc Created using Sphinx 5.3.0